運営者について

こんにちは。

生活習慣を見直そう!自律神経の乱れを整えるもちこのブログ」へ、ご訪問いただきありがとうございます。

 

当ブログの運営者もちこと申します。

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。30代半ばにしてたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

 

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

心療内科などにもかかりました、そこそこ長い期間。ですが、たいした効果がないんですよね。自律神経の乱れは薬で治すなってことですよね。自分自身の生活を見直さないと治らないのですよ、きっと。

本人はそんなにもだらしない生活を送っているとは思ってないのですが、体からしたら「もっといたわって」と思ってんでしょうね。すんませんね。

 

というわけで、なんとか毎日欠かさずに出てくる症状たちを、生活習慣の見直しによって治せないか?を考えるブログになっております。だらだらと長い文章書いている割には、とても人様にお見せできるような文章力もコピーライティング能力もないのですが、ぼちぼちやっていきますので、どうぞお付き合いくださいませ。

 

自律神経の乱れによる症状歴

14歳から20年ほど常に一緒にいた症状たちのヒストリーをだらだら書いてみました。よほどお暇でない限り読まないで下さい、時間が無駄になります(笑)

 

14歳

【症状】腹痛、立ちくらみ

中学3年生で人生初の受験。ストレスがたまる。「ここの高校に受からなければ!」というプレッシャーとかではなく、ただただ勉強するのがいやだったことによるストレスです(笑)

まわりのみんなは定期テストの度にきっちり勉強してました。もうその空気がいやで。毎朝学校に着くと腹痛。毎日お腹が痛いのって精神的にもハードです。お腹が痛いせいか全身の血液がお腹に集中する感じで、貧血っぽいような立ちくらみもしていました。貧血と合わせて低血圧もあったからかもしれません。

 

17歳

【症状】立ちくらみ、胸の圧迫感、胃痛

人生二回目の受験です。受験のたびに調子悪くなってます(笑)とにかく勉強嫌いでした。しかし、大学進学率ほぼ100%の高校だったので、やらねばならない状況でした。受験勉強しないやつなんかどうかしてるという感じに見られちゃうからね。

中学時代と同様に立ちくらみがありましたが、腹痛はありませんでした。しかし、胃がとにかく痛い。胃酸過多だったので食べてないと痛むため、食べ続けておりました。あと、胸の圧迫感がありました。「なにこれ!私心臓が悪いのかも?!」と思って病院で検査をいろいろと受けましたが、原因不明でした。結局、気のせいでは?ということで片付けられてしまいました。

 

18歳

【症状】立ちくらみ、低血圧、胸痛、焦燥感、無気力、ネガティブ思考

近くの私立大学に無事合格し、生物学を専攻。が、思ったより実験ができないことが入学してから判明し(先に調べておくべきだった・・・)、一ヶ月で辞めてしまいました。張り切って実験させてくれる大学は比較的資金の多い国立大だということを後で知り、入り直そうと浪人生を始めました。

ということで人生三度目の受験生。これまでの症状に加え、焦燥感がハンパなかったです。まぁこれは自業自得ではありますが。人生を悲観して(笑)無気力になることもしばしばありました。

 

21歳

【症状】めまい、立ちくらみ、低血圧、頭痛、不安感、イライラ、自己嫌悪

19歳で念願の国立大に入学し、毎日授業や実験レポートに追われる毎日を過ごしていました。3回生になると実験やレポートで本当に忙しく、それまで往復4時間かけて通学していましたが、さすがに時間が足りなくなってきたので学校のとなりにあるアパートで一人暮らしを始めました。一人暮らしはそれなりに楽しかったのですが、朝から授業を受け、午後から夕方6時まで実験、遅い時には8時までかかる時もありました。それから帰ってご飯やお風呂を済ませてレポートを書き始め、出来上がるのが夜中の3時。

ロングスリーパーな私はこの睡眠時間が毎日4、5時間の生活に耐えられなかったようです。肉体的に疲労がたまって、症状が悪化していきました。昼間はめまいや頭痛など身体的な症状がひどく、夜は早くレポートを書き上げられないことでイライラや自己嫌悪など精神的な症状が出ました。

 

22歳

【症状】うつ、不眠、めまい、不安感、無気力

4回生になり研究室へ配属になりました。かなり張り切っている先生(教授)についてしまったので、配属後から厳しかったです。朝9時から夜9時まで実験(実験中はほとんど座れない)、フラフラになって帰ってから実験の報告書をまとめ、参考にする論文を読み考察文を書きます。論文は英文のことも多かったので、英語が苦手な私には読むだけでものすごく時間を費やしました。言われるがまま頑張ってしまって、自分の限界が分かっていませんでした。今の私だったら適当に手を抜いたりできたんですがね。

限界まで頑張った結果、配属1ヶ月にして偶然にも世界初のタンパク質を発見してしまい、より期待されてしまう結果に・・・とうとう、うつになりました。うつになると、全く動けませんでした。何もやる気がおきない。異常な不安感に襲われ、寝ることもできません。研究室にはもう行けませんでした。自分が見つけたタンパク質に自分の名前をつけることもなく、その研究室を辞めました。

 

23歳

【症状】うつ、パニック障害、自傷行為、不安感、不眠、拒食、めまい、子宮内膜症

厳しい研究室を辞め、週に1日程度顔を出せばいい研究室に配属を変えてもらいました。一人暮らしも辞めました。それでも、うつの症状は良くなりませんでした。時々、息苦しくなって発作を起こしてしまうパニック障害になりました。この時には、もう一人では外に出られなくなっていました。毎日今日が最後の日になってほしいと思うようになりました。もう、最悪ですね(笑)

また残念なことに、子宮内膜症のチョコレート嚢腫にかかっていました。これもあってホルモンバランスが崩れ、体調も悪かったようです。本当は大学院に進学することが決まっていたのですが、それもできるような状態ではなく、大学を卒業して大学院も諦めました。うつの治療のために精神薬を服用し、子宮内膜症のためのホルモン剤を服用していました。薬の副作用で全くご飯が食べられなくなりました。更年期障害のような副作用も出ました。

本当にめちゃくちゃ具合が悪かったです。体重も38kgになっていました。見た目がめちゃくちゃ気持ち悪いの(笑)

結局、薬による治療では内膜症が改善されなかったので、最終的に手術で溜まったものを取り出すことになりました。ってか最初から切ってくれれば良かったのにね。子宮内膜症が一段落ついた事で、うつやパニック障害も落ち着いてきました。落ち着いたところで結婚することにしました。

 

24歳

【症状】つわり、浮腫み

子宮内膜症は一度かかると完全に治すことは難しい病気だそうです。妊娠している間は内膜症が進行しないので、婦人科の先生からは手術した後は妊娠するのが一番良いと言われていました。幸せなことに、手術後すぐに赤ちゃんが来てくれました。妊婦の時は食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」だったので食べ続けていました(笑)一気に18kgも太りました。

ですが、自律神経失調症の症状やうつの症状は出なくなりました。

 

26歳

【症状】めまい、立ちくらみ、胃痛、頭痛、イライラ、すぐ悲しくなる

子供が生まれて1年が経った頃、夫婦仲が悪くなってしまいました。わはは。これによってまた自律神経失調症の症状が出始めました。せっかく良い調子で過ごせていたのに。

 

28歳

【症状】子宮内膜症、めまい、低血圧、立ちくらみ、頭痛

27歳で離婚し、実家に戻りました。とても清々しい気分でした、早く離婚したらよかった(笑)しばらく機嫌良く暮らしていたのですが、妊娠してから数年経ったため子宮内膜症が再発しました。治療を再開。それに伴って、めまいなどの症状も出始めました。

 

現在

【症状】子宮内膜症、めまい、低血圧、立ちくらみ、胃痛と吐き気、不眠、頭痛、浮腫み

現在も子宮内膜症の治療のため、薬を飲み続けています。軽いやつですけど、飲まないよりは調子悪くなりますね。また、30代に入ってから自律神経からくる症状がひどくなりました。

昔のような精神的ストレスはないと思うので、何が原因でひどくなっているか分かりません。あ、仕事のストレスか?!夏の暑さや冬の寒さがひどくなると、症状もひどくなるような気がします。年取ってきて温度変化に順応できないのかもしれないですね。

この症状を少しでも和らげるべく、日々改善策を考えています。

 

大変長々と書きましたがまでお読みいただきありがとうございます。(お時間あってよかったです)

どうぞよろしくお願いいたします。

 

運営者の連絡先

生活習慣を見直そう!自律神経の乱れを整えるもちこのブログ

URL  http://mochiko14.com

運営者  もちこ

連絡先  mochiko1404@gmail.com
当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除などの対応をいたしますので、当ブログの「お問い合わせ」からご連絡ください。

また、その他ご意見ご感想なども「お問い合わせ」からお願いいたします。

 

RETURN TOP
2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログ運営者


運営者:もちこ
年 齢:30代
居住地:大阪の北摂の中でもパッとしないところ

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。これまでたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

こいつをなんとかすべく毎日なんやかんやと調べたり、試したりやってみています。どうぞお付き合いくださいませ。