寒いと悪化する!冬の上咽頭炎を薬以外で抑える5つの方法

この記事は7分で読めます

上咽頭炎を薬なしで改善

冬になると頻繁に上咽頭炎になります、もちこです。寒いからかなぁ?風邪かな?と思ったら、即、上咽頭炎も出てくるんだよね。

上咽頭炎に今年で5年間かかり続けてますよ。もう嫌になるね。でも、薬はできるだけ使いたくない!

というわけで、上咽頭炎の薬以外での改善方法をご紹介します。




スポンサーリンク

 

上咽頭炎とは

簡単に上咽頭炎って何?ってことを説明させてください。

上咽頭とは、普段口を開けたら見えるのどの、上の部分を指します。のどちんこの裏です。めっちゃ口開けても見えませんし、指突っ込んでみても触れませんよ。

感覚的には、のどの上というよりも、めちゃめちゃ鼻の奥って言う方がしっくりきますね。なんとなく、鼻の穴に指突っ込んだら届きそうな気がします。

もちこ
いや、鼻の穴からも届かないんやけどさ。 

 

で、この部分にウイルスなんかが引っ付いて炎症が起きた状態を、上咽頭炎と呼びます

風邪引いたときに、同時になることが多いですが、内科ではまず「上咽頭炎ですね」なんて診断されることはないです。

耳鼻科でも、のどの炎症って言われることが多いですよ。かなりの人数かかかる上咽頭炎ですが、診断されることがほとんどないので、間違った治療されることも多々あります。

間違った治療することで、なかなか上咽頭の炎症が治まらず、風邪が治ってもなんかのどのあたりが調子悪いってことになります。

 

鼻水のせいで上咽頭炎になる?

健康なときにも、意識してないのでわかりませんが、鼻水は出ています。鼻の穴から出てくるのではなくて、のどの方へ流れて胃に入っていってます。

のどの方へ鼻水が流れることを、後鼻漏(こうびろう)と言いますよ。

なんかそういうとちょっと気持ち悪いけどね。

 

上咽頭は鼻とのどの間にあるので、普段から空気が通ったり、鼻水が流れたりと、ウイルスや菌が付着することが多い部分です。

風邪を引くと、ウイルスなんかが入った鼻水が上咽頭を流れるわけですよ。そうすると、上咽頭にもウイルスが付いて、炎症を起こすんだよね。

 

私も必ずと言っていいほど、鼻水が出だすと上咽頭炎になります。後鼻漏が癖になってるっていうかね、鼻の穴から鼻水出ることほとんどないんだよね。

もちこ
全然自慢にならへんけどさ。汚い話、風邪引くと鼻水が口から出るよ。 

頻繁に鼻をかむ(鼻水はもちろん出ない)とか、鼻から出せるようにトレーニングはしてますが、なかなか難しいです。

 

そんな後鼻漏のせいで上咽頭炎になる私が、冬場に行っていることをご紹介します。

 

上咽頭炎の薬を使わないケア方法

私が使っている市販薬などについては、こちらのページでご紹介していますので、よろしければ見てください。

⇒ 上咽頭炎のオススメ市販薬などについて

 

冬はとにかく寒いからか、めちゃめちゃ風邪引きます。そして、鼻水がのどへ流れて上咽頭炎にもなります。なので、とにかく風邪引かないように気を付けてることがいろいろありますよ。

 

1.良く寝る

まずはこれね、睡眠。夜中にゲームするのが大好きなので、ついつい夜更かししちゃうんだよね。2時とかに寝てしまうと、翌朝は確実に体調が悪くなってます。

もう、いい加減に学習しろよ!ってことで、最近は次の日に寝ることはほとんどないです。12時までには寝ます。

「今日はちょっとやばいかもなぁ」って体調が悪くなりそうな気がするときは、10時に寝ます。そして7時に起きる。小学生か?!ってくらい寝ます。

 

でも、しっかり寝るのって大事よね。ほんまに夜更かししなくなってからは、風邪で38℃とか出ることなくなったしね。

上咽頭炎に良くなるわーってあなたも早寝してください。

 

2.鼻うがい

この鼻うがいは、上咽頭炎の市販薬についてのページでもご紹介しましたが、私には抜群の効果を発揮してくれてます。本当に風邪とか上咽頭炎とか減ったのよ

鼻うがいするタイミングは、外から帰ったら、手洗い&うがいにプラスするのと、朝起きたときにしてます。

 

こんな鼻うがいのキットも市販されてますね。

 

私はもう5年続けてまして、いちいち買うのが面倒なので、自分で適当に塩水作って、鼻に流してます(笑)

私の方法はズボラすぎるので、そんなにオススメできないんやけども、一応書いておきますね。

※この私の方法は保証できません。自己責任でお願いします。

 

鼻うがいのやり方(もちこ方式)

精製水(ドラッグストアで500ml100円程度で売ってます) 500ml

特に冬場は冷たいことで染みるので、ちょっとぬるくすると良いです。精製水じゃなくて沸かしたお湯を使っても良いです。私はそれすら面倒なので、洗面所の水道から出る40℃ほどの水を使います。

ええ、水道水をそのままです(笑)塩素とかが良くないらしいので、精製水や湯冷ましが良いと思います。うちは大阪でも田舎なので、水道水がカルキ臭くないので使えるんやと思います。

 

食塩(普通の料理用で良いです)  小さじ1杯(5g)

精製水を買った場合は、その容器に食塩を入れて振って混ぜます。沸かしたお湯を使うときはしっかり冷ましたあと、きれいに洗ったペットボトルを使って水と食塩を混ぜます。

私の場合は、うがい用のコップにティースプーン半分弱の塩と、水道水を100mlほど混ぜて使います。もう慣れてきたので、目分量でバッチリの濃度にできるのよ。

良い子はマネしないで、きちんと計ってね。

 

鼻うがい用容器または化粧水を入れるような小さい容器

市販の鼻うがい用容器もいろいろとありますし、私は趣味で化粧品を作るので化粧水用の容器(30ml入るもの)を使ってます。これに先ほど作った食塩水を入れまして、片方の鼻の穴から流し入れます。

 

こぼれないようにちょっと上向いてから、鼻へ食塩水を入れます。わざわざ吸い込まなくても、上向いて入れたら勝手にのどの方へ流れます。わりとゆっくり流れていくので、しばらく上向いたままね。

のどを通って口へ水が回ってきたら、口から吐き出します。が、最初のうちは、口から吐き出すのが難しいと思います。

あーって声を出したりすると口側に水が回ってきやすいです。

でも、多少飲み込んじゃっても大丈夫です。塩水だしね。それよりも、無理して口から出そうとして下手に圧力かけると、耳側に回ると中耳炎になったりします

 

最初は無理せず、鼻から入れる水の量も1mlくらいずつ、ごく少量から始めると良いですよ。

慣れたら、普通のうがいをするようなスピードでできるようになります。

 

3.加湿する

風邪もですが、上咽頭炎も空気が乾燥しだすと、かかりやすくなります。のどがカサカサしだすとやばいよね。鼻の奥が乾燥してきて、鼻水の乾いたようなものが、上咽頭にカサブタになった感じで引っ付きます。

あれめちゃめちゃ気持ち悪いよね。取る方法が分かんないし。

でも鼻うがいしたら、一発で取れるんだけどね。吐き出した水にドロッとした塊が入ってると、ものすごく嬉しい!

って汚いよ。

 

寝るときに乾燥しやすいので、加湿器を使ったりしてましたが、加湿器ってよく壊れるんだわ。ってうちだけかしら?もうこれ何台も買ってる気がする。

 

なんか信用ならんときあるので、濡れたタオルも部屋に干したりしてます。お金かからないから良いよね。

あと、精油(エッセンシャルオイル)でスプレーを作って、家中にまき散らしてます。

 

精油の風邪・上咽頭炎対策スプレーの作り方

精油の効能や値段についても、いろいろとご紹介してます。

⇒ 精油の効能や価格について

 

【材料と作り方】

スプレー容器(50ml入るもの)

エタノール(ドラッグストアで売ってます。消毒用のやつでOKです。):20ml

(水道水で良いです。):30ml

精油:30滴

今回は風邪などウイルス・細菌対策なので、次の精油を使いました。

ティートリー 10滴、ユーカリ・ラディアータ 10滴、 真正ラベンダー 10滴

 

① スプレー容器にエタノールを入れる。

② ①へ精油を入れる。

③ 最後に水を入れて容器のフタを閉め、よく振って混ぜる。

 

容器は100ml、500mlなど大きいものを使うときは、それぞれ材料を増量して作ってください。

 

【使い方】

部屋中にまく。

・コートなど上着にスプレーしてから、出かける。

マスクの裏表にスプレーしてから使う。

テーブルなどにスプレーしてからふきんで拭く。

などなど、いろいろと使えて便利ですよ。

 

4.のどまわりのマッサージ

どうも、のどのあたりの血行が悪いのも良くないと思うんだよね。特に寒いと血行が悪くなるしね。

首を回してストレッチしたり、左右の耳の下から首を通って鎖骨までリンパ管があるところを指で押したりしてみてます。

 

調子が悪いときは、首が回しにくいし、リンパのところも固くなってますよ。グリグリ押してみてください。温かくなって、血液が流れてるわーって感じがします。

お風呂に浸かりながらすると、より効果的な気がするね。あと、私は寝る前にもしてます。

 

5.温かくする

これも大事だね、温かくする!寒くなくするんじゃなくて、温かくしないといけないですよ。

私もこれまで、寒くないようにはしてたけどね、温かくするということを意識してすると、風邪も上咽頭炎もならなくなりました。

 

具体的には、次のことをしています。

・腹巻をする

しかもずっと一日中。外出るときだけじゃなくて、寝るときもしてます。私が愛用しているのはシルク100%のものです。天然繊維100%の方が冷えにくいです。

 

・カイロを貼る

腹巻の中にします。どんだけおなか温めたいんや?!って感じやけどね。ズボンのウエストがちょっときつくなるから、一番上のボタンとかホックは止められなくなるけどね。

あと、外に出るときは足の裏に貼るカイロも使う。足が温かいと、冷え性にも良いみたいです。

 

・寝るときは湯たんぽを使う

これめっちゃ大事です。湯たんぽを使うのと使わないのとでは、上咽頭炎になる確率が大分違います。寝る前にいちいちお湯沸かすんも面倒なんやけどさ。

この手間をかけるだけのことはあるよ!ほんとに。しかも湯たんぽの良いところは、寝てるときに暑かったら、蹴って外せることだよね。カイロは外せないもんね。

私が使っている湯たんぽです。ゴム製で柔らかいのもステキ。

 

・靴下を重ね履きする

冷え取りとかも流行りましたね。シルク100%の靴下とコットン100%の靴下を交互に履いてます。シルクもコットンも、重ね履き用の靴下は薄くて破れやすいから、一番外側にゆるい普通の靴下を履いてるので、5枚重ねです。

ゴワッゴワですよ。でもこれし始めると、もう靴下1枚の生活には戻れなくなったね。寒いんだもん。




スポンサーリンク

 

まとめ

・風邪を引きやすい冬場は、上咽頭炎にもなりやすい季節です。

・上咽頭炎は鼻水がのどへ流れる、後鼻漏によっても起こります。

・薬以外で上咽頭炎を改善・予防する方法には、睡眠・鼻うがい・加湿・マッサージ・保温があります。




スポンサーリンク

 


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP
2007年1月
    8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログ運営者


運営者:もちこ
年 齢:30代
居住地:大阪の北摂の中でもパッとしないところ

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。これまでたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

こいつをなんとかすべく毎日なんやかんやと調べたり、試したりやってみています。どうぞお付き合いくださいませ。