寝ても寝ても眠い原因は?寝過ぎそれとも何かの病気?

この記事は7分で読めます

寝ても眠い原因は?寝過ぎ、病気?

寝ても寝ても眠い・・・眠すぎる、もちこです。なんであんなに眠くなるのかね。ちゃんと夜に寝ても、昼間に睡魔がおそってくるんですが・・・何かの病気じゃないでしょうね?
解消するにはどうしたらいいか?そもそも、なんでこんなに眠いのか?

私も、あなたも眠気の原因が病気なのか生活習慣が悪いのか、探ってみましょう。

 

スポンサーリンク



 

寝ても寝ても眠い原因は?

夜寝ているつもりなのに、昼間に異常に眠くなるといろいろと困りますよね。やらなきゃいけない仕事がはかどらない、あぁー掃除もしたいんだけど眠くてだるい。

心のもちこ
眠たすぎて意識飛んでるときあるしね。ほんと困るんだけど。私の何が悪いのよ? 

 

生活習慣が悪い

寝る前に次のようなことをすると、しっかり熟睡できないですよ。そうすると寝る時間は足りてるつもりでも、熟睡できていないから睡眠不足ってことになりますね。

寝る前になんか食べる

寝る前に甘いもの

ちょっと夜中に小腹空くときってありますもんね。しかも、甘いもの食べたくなるんだよね(笑)

寝る前に食べると、睡眠中に消化活動を行うことでエネルギー取られちゃって、体を回復するという本来の目的が果たせなくなります。また胃腸にも負担がかかるので、朝起きて胃もたれとか起きますね。

寝ているときはしっかり消化できなかったりして太るし、睡眠の質も下げることになるから寝る前に食べるのはダメだね。

寝る3時間前からは何も食べないほうが良いんですって。つまりお腹すく前に寝ようってことですね。

 

寝る前にお風呂に入る

お仕事で夜遅くまでバタバタしてたら、寝る前ギリギリにお風呂に入ることも仕方ないとは思いますが、寝る直前に入るとちょっと目が冴えてしまいますね。

手や顔を洗うだけでちょっと目が覚めるもんね。受験生のときに、眠たくなったらトイレに行こう!みたいなこと言ってたもんね。

お風呂は寝る1時間前には済ませましょう。

また、夜に熱いお風呂に入るのが好きな人も要注意です。熱いお風呂に入ると交感神経が刺激されて、リラックスとは程遠くなってしまいますよ。

⇒ リラックスできるお風呂の入り方

 

寝る直前までスマホやパソコンを見る

寝る前にパソコン

これは強い光によって活動的になる交感神経が作用しちゃうからですね。寝るときには、反対の副交感神経が優位になって、体を休め回復させてくれないといけません。

寝ているときも交感神経が優位になると体が回復しないので、翌朝起きたときに「なんか起きたばっかりなのに疲れてるなー」ってことになります。

⇒ 寝る前に副交感神経を優位にさせるにはリラックスが必要ですよ

 

運動不足

運動不足

昼間に運動が足りていないと、体が疲れていないので「そんなにしっかり回復させなくても大丈夫かな」と体が判断して、眠りが浅くなります。

しかし、現代人は体を動かすよりも、はるかにたくさん脳を使っているので、脳は疲れている状態です。体と脳の疲れのバランスが取れていないことがしっかり寝れない原因になってます。

特にデスクワークの人は、脳ばっかり疲れているので、脳と同じくらい体も疲れさせる必要があるんですね。脳が疲れてんのに体も疲れさせないといけないなんて、なんかだるいなぁ。

イラッともちこ
あーこれ言われるとグサッとくるね。確かに運動不足だわ、きっと眠くなる原因はこれだわね。

 

ストレス

なにかと絡んでくるね、ストレス。すべての症状の原因の一つは必ずストレスと言っても過言ではない感じですね。

ストレスがたまると交感神経が優位になり、寝ているときも熟睡できません。寝つきが悪い、眠りが浅くなったり、夜中に何回も起きるといったことになります。

そうなると当然ですが、しっかり寝れてない・・・起きているときも眠いってことになりますわね。

 

睡眠時間に気を付ける

寝る前になんか良くないことしてるわけじゃないしなぁ、毎日子どもを公園とかに連れてってるから、運動不足でもないと思うし・・・というあなたは何が原因なんでしょう?

睡眠の時間や時間帯もポイントになりますよ。

 

睡眠不足症候群

自分ではしっかり睡眠時間が取れていると思っていても、実は睡眠不足が原因ということもあります。

慢性的に睡眠不足になっているのに、自分では睡眠不足ではないと思っている場合、睡眠不足症候群の可能性が高いです。昼間に強い眠気がおそってくるのが3ヵ月以上続くと、睡眠不足症候群のようですね。

日本人の平均的な睡眠時間は約7時間なのですが、8時間以上寝ないとすっきりしないというロングスリーパーの人もいますね。

私もきっとロングスリーパーな人なんだと思いますよ。長いこと寝ないとダメなんて、なんか損した感じするけどね。

 

睡眠時間が良くない

十分な睡眠時間を取っていても、時間帯が悪いとこれもまた睡眠の質が落ちます。

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンがうまく分泌されて作用することを考えると、夜10時から12時までには寝るようにしたいですね。

⇒ 睡眠ホルモン・メラトニンについてはこちらに詳しく書きました

夜遅くまでお仕事をしている人は、なかなか早く寝るのは難しいかもしれませんが、早寝早起きを意識するだけでも違うようですよ。

 

寝過ぎ

寝過ぎ

冬はこたつでも寝ちゃうしね

反対に寝過ぎも良くないんですって、私寝過ぎに当てはまる気がする。

睡眠は寝ている時間の長さよりも、しっかり寝れているかという質が大切です。だらだらと長いこと寝ると、運動不足と同じで体が疲れないことになりますからね。

早寝早起きで、起きるときはピシッと起きないとダメですね。

私休みの日とか、めっちゃダラダラ寝ちゃうんですよね。平日はダラダラできないしね。これがまた幸せだったりするんだけど、睡眠の質から考えるといけないんですね。

 

生理のときに眠くなることも 

女性の場合は、生理前や生理中の女性ホルモンのバランスが変化することによって、眠気が出ることもあります。

生理前からはプロゲステロンという女性ホルモンが増え始めます。このプロゲステロンの作用によって、眠気があらわれます。このせいで昼間も眠いという場合は、仕方ないですね。正常にホルモンが出てるんだわって思うしかなさそうです。

ですが、眠気とともにイライラや精神的に不安定になるのは、PMS(月経前症候群)である可能性が高いです

⇒ PMSは女性ホルモンのバランスや自律神経のバランスが乱れることによって起こります。

 

規則正しい生活を心がけて、ストレスをためないようにすることが一番の解決策です。ってストレスためないってのも、なかなか難しいんだけどね。なんかイライラしちゃうもの。

 

過眠症~病気で眠気が起こる

昼間に眠気が出るのは、生活習慣のせいだけではないです。病気によって異常な眠気が出ることもあります。

病気によって昼間に異常な眠気が引き起こされるのを、過眠症といいます。

過眠症の眠気は、仕事や家事に支障をきたすほどの眠気があらわれます。車の運転中にも寝てしまうなど、危険なときもあります。

 

過眠症の症状は次のようなものがあります。

・我慢できないほどの眠気が昼間に出る

・1ヵ月以上昼間に眠気が出る

・イライラする、集中力が低下する

・朝起きるのがとても辛い

・体がだるい

⇒ 低血圧でも朝がつらい症状が出ますよ

 

ナルコレプシー

脳の機能障害によっておこる過眠症です。

いつも昼間に眠たいってことではなく、急にガクッと寝てしまうという症状です。30分ほど寝るとスッキリ起きられるのですが、いつその眠気が出るのかわからないのでやっかいな病気です。

日本では約600人に1人の割合で患者さんがいるようです。比較的若い人、10代~20代に多いようですが、若くない人でもなる可能性はあります。

その他の症状として、寝ているときに金縛りに合う、夢なのか現実なのかわからないような感覚になるといったこともあります。

ナルコレプシーの場合は、生活習慣の見直しでなんとかなるようなものではないので、医療機関を受診してください。

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

自分ではしっかり寝ているつもりなのに、睡眠時に呼吸が止まってしまうことで、脳や体の休息や回復が完全にできない状態になっています。

人は90分のサイクルで浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠を繰り返しています。

ところが睡眠時無呼吸症候群の人は、深い眠りに入る直前で呼吸が止まることが多く、脳や体が呼吸を維持するために少し起きてしまいます。そうすると、深い眠りに入ることなく浅い眠りを繰り返すことになりますね

そうやって寝ている間に一度も深い眠りに入れなかったために、昼間も眠いという症状があらわれます。

睡眠時の無呼吸の状態が何回も繰り返されることで、脳や体は酸素不足になっています。原因は舌の付け根やのどの周りなどが垂れ下がることで、のどを圧迫し呼吸を止めています。

いびきが激しかったりすると、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと言われます。のどの周りにお肉がたくさん付いている人は気を付けましょう。

一番の改善法は痩せることのようですよ。また専用の枕やマウスピースもありますね。症状がひどいときには医療機関を受診しましょう。

 

むずむず脚症候群

私もなっています、むずむず脚。これも睡眠の質を下げる要因になりますね。

⇒ むずむず脚症候群についてはこちらに書いてます

 

むずむず脚症候群は寝るときになって、脚がなんかむずむずして、じっとしていられない!という症状です。なったことない人からしたら、何その症状(笑)って感じでしょうけどね。

脚をバタバタしてないと落ち着かなくなるんですよ、そうすると寝てるような状況じゃないですね。わっさわさしちゃうもん。

この症状が出るときも、落ち着かない感じがしているのでしっかり寝れませんね。妊婦さんにも多い病気です。

鉄分不足が原因のようですので、鉄を積極的に摂りましょう。

 

うつ病

うつ病も昼間の眠気が出る原因となる病気です。

うつ病だと体がだるいし、精神的にも疲れているため、昼間の活動量が少なくなりますね。そうすると夜に早く寝ていても、睡眠の質は落ちます。

また反対に、うつ病で夜に不安になり不眠になるケースもありますね。私はこっちでした。夜はなんかわからない恐怖で寝られないために、昼間眠たくて仕方がないという状態になりました。

うつ病の人はほとんどが何かしらの睡眠障害を抱えます。好きな音楽を聴く、ゆっくりとお風呂に入る、瞑想をしてみるなど、できるだけリラックスできる環境を作ることも大切ですね。

⇒ 私もなったうつ病についてはこちらに書いてます

 

概日リズム睡眠障害

一日のリズムが崩れることで起こる睡眠障害です。

昼夜逆転した生活を送るとなりますわね。当然と言えば当然でしょうけども、昼間に寝るので夜は眠たくならないということですね。

中高生でも問題になってますね。私の知り合いの中学生も、この睡眠障害で入院するまでになってました。もうどうやっても昼間に起きられないので、学校に行けないんですって。

最初は夜にゲームするのに夢中になっちゃったところから、だんだんと昼夜逆転していったそうなので、誰にでも起こり得る話だと思いませんか?怖いですよね。

体内時計を正常に、朝日が昇れば目覚め、夜暗くなると眠くなるというリズムを付けるために入院するようですよ。

 

スポンサーリンク



 

昼間に眠くならないためには・まとめ

病気かも?と思い当たるふしがあれば、睡眠を専門に診ている心療内科や精神科などを受診しましょう。

そうでなくて生活習慣が悪いかも?と思う場合は早いこと直したほうが良いですよね。私は、運動不足ですね(笑)

 

早寝早起き

レム睡眠とノンレム睡眠の1周期が90分なので、90分の倍数を睡眠時間にすると良いですね。4時間半、6時間、7時間半、9時間です。

私としては9時間寝たいですが、時間的にそこまで余裕ないか。

また、睡眠にかかわるホルモンの分泌は夜10時ごろから12時に寝ていることが必要になります。早寝を心がけましょう。

そして、朝の起きる時間も大切です。毎日同じ時間に起きるのが良いですね、しかも早起きね!

あとやっちゃダメなのが二度寝ですよ。せっかく起きたのにまた眠気が出ちゃうし、レム・ノンレム睡眠周期も崩れるからやめましょうね。って自分自身に言い聞かせてます、二度寝楽しいんだもん。

 

生活習慣に気を付ける

生活習慣が悪いと睡眠の質も落ちますが、自律神経のバランスも乱れます。自律神経のバランスが乱れると、眠気以外にもたくさんの症状が出ますよ。

頭痛とか肩こりとかね、おなかの調子が悪くなるとか・・・気を付けましょう。

⇒ 自律神経のバランスが乱れるとこんな症状が出ますよ

 

ストレス

家事育児で忙しいとストレス

ストレスためるといろんな病気の原因になりますね。

毎日仕事に育児に家事に・・・たくさん頑張ってるとストレスもたまって当たり前です。しかし、ずっと持ち越さないように自分なりの解消法を見つけましょう。

私の場合は、夜にぼーっとろうそくの火を見つめることです。なんか薄暗いけども(笑)

⇒ 自分でキャンドルも作れますよ

 

スポンサーリンク



 


関連記事

  1. 寝冷えで肩こり?
  2. イライラ女性の改善策
  3. 熟睡できてますか?
  4. イライラの原因は生活のストレス
  5. 自律神経失調症を食べ物で改善
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2007年1月
    8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログ運営者


運営者:もちこ
年 齢:30代
居住地:大阪の北摂の中でもパッとしないところ

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。これまでたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

こいつをなんとかすべく毎日なんやかんやと調べたり、試したりやってみています。どうぞお付き合いくださいませ。