大人が40℃の高熱を出したら?!原因と基本的な5つの対処方法

この記事は5分で読めます

大人の高熱、対処方法は?

ときどき40℃の熱を出します、もちこです。しかし、大人が40℃の高熱を出したときの原因は何が多いんでしょうね?どんな病気のときに高熱が出るのでしょうか?

子どもはちょっとした風邪でも高熱出ますけどねーびっくりします!

今回は大人の高熱の対処方法や病院に受診するタイミング、救急車を呼んだほうがいいケースについて調べてみましたよ。




スポンサーリンク



 

高熱が出たときはどうしたらいいの

大人で高熱が出たときはどうしたらいいのでしょうか?

高熱が出たときに一番気を付けなければならないのは、脱水症状です。発熱によって皮膚から水分が奪われますし、つらくて飲食ができないと、すぐに脱水を起こしてしまいます。

脱水症状は命の危険もありますし、気をつけないといけません。

⇒ 熱中症で脱水になったことがありました

 

対処方法

大人が高熱を出した時の対処方法をまとめてみます。

1.水を飲む

水分をしっかり摂ることが大事なので、飲めそうなものを選んで飲みましょう。

一気にたくさん飲む必要はありません。少しずつこまめに飲みましょう。私のオススメは経口補水液ですね。糖分も塩分も一緒に摂れるので、ごはんが食べられないときには良いですよ!

 

急に熱が出てもあわてないように、家には経口補水液を常備しています。

 

2.安静にする

熱があるけれど、やらなきゃいけない仕事があると無理して動くと、治るものも治りません。

いろいろと気になっちゃうけどね。なんかしんどくなると部屋が散らかってんのとか、ものすごく気になっちゃう私です。早く治して元気になってから、仕事のことを考えましょう。掃除もね。

安静にして、できるだけ休養をとることが必要です。

寝るのが一番

 

3.寒いときは体を温める

熱が上がる前には、悪寒がしてものすごく寒く感じます。ガッタガタしますよね。寒くなりすぎてそれだけで具合悪いですよね。

このときは、体が体温を上げなければと考えているので、寒くないようにしっかりと体を温めましょう。ゼイゼイ言いながら、ものすごい着込んだりしてさ、なんだかホラーですよ。

掛け布団の枚数を増やす、服の枚数を増やす、湯たんぽなどを使うと良いですね。

私が愛用している湯たんぽです。ゴムだから割れたりしないし、子供にも使いやすいですよ。カラーも豊富です。

 

4.高熱で暑いときには体を冷やす

先ほどとは反対に、熱が上がりきったときは暑く感じます。せっかく着込んだところなのにね(笑)

この時には、わきや鼠頚部、首など大きな血管・リンパ管があるところに保冷剤を挟むなどして、体を冷やしましょう。また、このときは汗をたくさんかくので、頻繁に着替えることも必要です。また、ゼイゼイ言いながら着替えますよ。

 

5.高熱で苦しいときは解熱剤を使う

高熱で水分を摂るのもつらい、しんどすぎて眠りたいのに眠れないといった場合には、解熱剤を使ってしんどさを緩和することも大事です。

うとうとしてくるのに、具合悪さが勝っちゃって眠れないってやつですね。しかし、解熱剤を使うのは、38.5℃以上の発熱があるときにしましょう。あまり低いと、免疫が低下してしますので良くないですよ。

 

いつ病院へは行ったらいいの?

高熱が出ると、心配になって病院に行きたくなりませんか?私はなるんですけど、早く治したいし。でも高熱で動けそうもない・・・。

病院に行くのは、いつがベストなタイミングなのでしょうね?行くのもしんどいけどね。

 

受診のタイミング

一晩だけ急に高熱が出て、朝になったら下がっていたという場合は、すぐに病院に行くほどではないかと思います。

なんか下がっちゃったら病院で「昨日はあったんですけどねー」って言うのも恥ずかしいしね(笑)

 

でも次の日の朝も同じように熱があるなら病院へ行きましょう。風邪やインフルエンザといった感染症である可能性が高いので、内科が良いですね。

また、高熱が出る病気の中には、脳炎や難聴をきたす場合もあるので、40℃近くの発熱があったときにはすぐに内科を受診し、治療することが重要です。

脳炎などは一秒を争うらしいですよ、早いに越したこと無いです。

 

救急車を呼ぶ必要がある場合

また、救急車を呼んだほうが良いケースもあります。おぉぅ、なんだか救急車なんてたいそうですけどね。本当にやばいときは呼びましょう。

熱が39℃以上あるというのに加えて、次のような症状があるときは救急車です。

・ひどいめまいや手足のしびれがある

・突然の激しい頭痛腹痛(私はこれで救急車を呼びました)

嘔吐が続く

呼吸困難

けいれん(ころ助はこれで救急車でした)

・熱以外の症状が発症してから長時間経っても症状が治らない

意識に異常がある

「いつもとはなんか違う」場合は、風邪だけでなくその他の感染症など、重症のケースがありますので、救急車を呼んででも病院へ急いで行きましょう。

救急車

 

特に一人暮らしの方は、誰も頼れる人がいないので不安だと思います。こんなことで救急車呼んだらダメなのでは?なんか恥ずかしいと思っちゃいますよね。

でも、上記のような症状があるときは「こんなことで救急車を呼ばないでください!」と怒られることはまずありませんので、安心して呼んでください。

 

私も高熱と耐えられない痛さの腹痛ごときで、救急車を呼んだことがありますが、呼んでよかったです。夜中の3時にね。そのときは結局、急性腸炎でしたので、命に関わる病気ではなかったのですが(笑)

高熱だけでは、救急車を呼ぶことはしなくても大丈夫ですが、高熱+おかしな症状が続いて立ってられないといった場合には要注意ですよ。

 

大人が40℃の高熱を出すとき

大人は風邪であれば40℃を超えるを出すことは少ないと思います。私は年に一回出しますよ(笑)なんでだろなー肺炎とかになりやすいんですよ。よっ、肺炎マスター!

私を除いた大人ではめったに出ませんよね、40℃なんてね。めったに出ない高熱だからこそ、急に出るとびっくりしてしまいますよね。

 

体温とは

まず大人の平熱っていくらくらいなんでしょう。だいたい平熱は、35~37℃のようです。35℃台だと少し自律神経のバランスが乱れていると思われますね、低体温ってやつね。

私は37℃ありますよ、えっへん!子どものような体温でしょ(笑)

⇒ 自律神経の乱れが気になるあなたへ

 

平熱が低いと、免疫力が下がるので風邪を引きやすくなりますよ。ただし、平熱については個人差があります。私みたいにね。また、活動しているかどうかによっても変動しますよね。

駅まではぁはぁ言いながら走ってるときと、ぼーっとテレビ見てるときの体温は違う感じしますもの。それに、寝ているときの体温なんかもっと低そうだしね。

ですが、一日での変化は1℃以内らしいです。それよりも大きな体温の変化があるときは、やっぱり自律神経の体温調節が上手くいってないんじゃないですかね。

 

そして、微熱は37~38℃のことを指します。平熱が37℃の私なら、すでに微熱ですね(笑)といっても、普段の体温から1℃高い状態を微熱と言うらしいので、私の微熱は38℃ということになります。

低体温の人なら、36℃くらいでも具合悪いなぁってことも有り得ますよね。

 

さらに、高熱は38℃以上です。平熱が高めの人でも、38℃を超える熱を出すと、さすがに体もしんどいと思われます。私もしんどいです。

 

高熱が出る原因

では、なんで高熱が出るんでしょうか?熱が出るのは、ウイルスや細菌の増殖を抑えるためと、自分自身の免疫力をアップする(免疫にかかわる細胞を活性化する)ためです。

なので、熱が出たからといって、すぐに解熱剤を使うとダメですね。逆効果になっちゃって、早くウイルスなどをやっつけることができません。

ただし、熱中症のときの発熱は、ウイルスの増殖を抑えるなどとは違う意味で出ていますので、このときはすぐに体を冷やす必要があります。

 

高熱が出やすい病気

普通は、風邪などで高熱が出たとしても、一週間以内で下がりますよね。3日くらいで下がってきますよね。子どもと違って、大人が風邪で何日も熱が続く・・・って言っても微熱程度じゃないですか。

風邪で発熱するときは、長くても4日まで。それ以上長い日数発熱するとなると、別の病気にかかっていると見て間違いないです。

 

なんか怖いですね、別の病気って。気管支炎とか肺炎とかってことですね。風邪ではない別の病気にかかっていた場合も、1週間で十分です。

2週間以上発熱が続くものはだいたい微熱ですよ。結核とかは微熱がずっと続くみたいですね、これはこれで怖いですね。あとガンも長いこと微熱が続くんでしたっけね。というわけで、高熱が2週間も続くことは、なかなかありません。

 

私は去年、インフルエンザとほぼ同時に肺炎にかかりまして、2週間近く高熱が続きました。この2つが同時にかかることは、とても珍しいそうで、内科の先生にも災難だったねーと少し笑われてしまいました。

厄年だったからかしら。本当にめちゃくちゃしんどかったですよ。それでも高熱が2週間を超えることはなかったですね。

病院の診察

高熱が2週間以上続き、原因の病気がわからないときは不明熱と言われます。このときは入院することが多いようです。

そりゃあね、不明熱だもんね、不明な部分解明してもらわんと家にも帰りづらいしね。

 

大人でも高熱が出る病気としては、インフルエンザ、肺炎、扁桃炎、細菌性髄膜炎、急性A型肝炎、急性腎盂腎炎、急性胆のう炎、胆石症、EBウイルス感染症、悪性リンパ腫などがあります。

また、高熱が出るものとしておたふくかぜがありますが、大人がかかると重症になるケースが多く、注意が必要です。




スポンサーリンク



 

まとめ

● 風邪で熱が高くなるのは4日まで。それ以上は別の感染症にかかっている。

● 大人が高熱を出したときは、脱水症状に気をつけて安静にする。

● 高熱が出て、いつもと違って様子がおかしいときは救急車を呼んででも、急いで病院へ行くべき。




スポンサーリンク



 


関連記事

  1. 芸能人にも多い子宮内膜症を生活習慣で良くする
  2. 風邪のウイルスはいつまで?
  3. 上咽頭炎ってなに?
  4. うつ病と自律神経失調症の違いと共通点
  5. 朝がつらい
  6. インフルエンザと自律神経失調症
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2005年1月
    8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログ運営者


運営者:もちこ
年 齢:30代
居住地:大阪の北摂の中でもパッとしないところ

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。これまでたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

こいつをなんとかすべく毎日なんやかんやと調べたり、試したりやってみています。どうぞお付き合いくださいませ。