自律神経失調症で電車に乗れない!自分でできる3つの対処法

この記事は8分で読めます

電車に乗るのが怖い!自分でできる対処法

知らない人と話すときは必ずドキドキします、もちこです。あんまりそうは見られないんですけど、私めちゃくちゃ人見知りです。電話も苦手ですね、この世から仕事の電話なんかなくなれば良いのにと思いますね。

 

電車に乗るとドキドキしたり、息苦しくなったりしませんか?

電車に乗るのが怖くなってませんか?

通勤電車が苦痛になってませんか?

私も以前パニック障害で、電車がとても怖かったです。というわけで、今回は自分でできる3つの対処法をお話しします。




スポンサーリンク



 

電車に乗ると息苦しい。抑えるにはどうする?

満員電車に乗って、人が多いからか息苦しくなる、めまいがする。ここから出られないという恐怖感から、とても不安になる。

私もなったことがあるから分かるんですが、異常に怖いんですよね。

あなたも、これまで毎日普通に乗っていた電車が、ある日を境に怖くなってませんか?

 

電車に乗ると出る症状

電車に乗ることであらわれる症状には、主に次のようなものがありますね。

動悸・緊張

電車に乗るとドキドキする

電車に乗るとドキドキする

まずはこれですね。ドキドキします。テンションが上がってドキドキするというよりかは、何か緊張してドキドキしてきます。

特に緊張するようなこともないんだけどね。ドキドキすることで異様に緊張してきますね。

 

息苦しい・過呼吸

満員電車だからちょっと酸素が薄い気もするんだけどね、なんかハァハァするんですよね。呼吸が早くなっちゃう。

ひどいときには過呼吸を起こしたりします。過呼吸まで出ると、倒れることになりますね。また、これで電車が怖いと思うようになるんだよね。

 

めまい・立ちくらみ

人が多くて酸素不足なのか、貧血なのか、はたまた低血圧か分かんないけど、めまいがします。ドキドキするのと一緒にめまいが出るパターンが多いですね。

めまいまで出ると、立ってるだけでしんどいしね。ちょっと座れたら良いんだけども、なんせ満員電車だからイスに座れそうもないし。

ここで倒れたら恥ずかしい!って思うと余計具合悪くなって来たりして。こうなったら途中下車したりします。

⇒ めまいが出るのは低血圧や貧血もありますよ

 

吐き気

人が多いからか、人酔いするっていうのかしら?気持ち悪くなってきちゃうんですよね。めまいとか動悸もしてるしね、なかなかこの気持ち悪さが治まらないのよね。

 

電車に乗ると汗が出る

電車に乗ると変な汗が出る

私は必ずめまいがすると冷や汗が出ます。あなたはどうですかね?暑いから出てる汗とはちょっと違う汗ですね。体が異常に冷えているような感覚にもなります。

またこれが気持ち悪いんだわ。めまいしてるし、変な汗出てきてるしね。それでどんどん気持ち悪くなってくんの。最悪。

 

不安感

なんか私、電車の中でこんな具合悪くなって大丈夫なんかな?こんなとこで倒れんのも、めちゃくちゃ恥ずかしいし・・・

とか思ってたら不安になってきますね。こんだけ人たくさんいるのに、知り合いなんて居ないしさ。頼れる人がいない状況で具合が悪い私・・・不安。ってことになりますわね。

 

恐怖感

電車でいろいろと症状が出てくると、電車が怖くなってきます。電車の中にいるのが怖い!と思うようになりますね。

まあ、そりゃね。狭い空間で人も多いのに頼れる人は居ない、そして自分は異常に具合が悪いとなれば怖くなりますよ。

 

症状が出たときの対処法

ではこんな症状が出たら、どう対処したら良いのでしょうか?

1.動作に集中する

電車が怖い!ってなっているときは、とりあえず落ち着く必要がありますね。でもちょっとパニクってるからどうやって落ち着いていいか分からないんですよね。

「もし電車の中で具合悪くなったら、これをやろう!」というものを決めておきます。

私の場合の手順をご紹介します。私はガムを実況付きで噛むということをしました。

もちこA
 はい、今からガムをバッグから出しますよ。 
もちこB
 出しました。良くできました。 
もちこA
 はい、今からガムの紙を取りますよ。 
もちこB
 取れました。上手くできました。 
もちこA
 では、今からガムを噛みますよ。右左の順で噛みますよ! 

もちこB
 わお、グレープ味ですね!美味しいです。 

正直くだらないですが、こうやっていちいち心で実況することで、ガムを噛むことに集中できます。そうすると一瞬だけだけど、電車の中にいることを忘れることができます。

ドキドキしだしたら、これをやろうっていうのを決めてから電車に乗ると、「今日はちゃんと対策考えてるから大丈夫!」という余裕が出ますし、オススメです。

 

2.電車が原因じゃないことを認識する

ある日、電車の中で具合が悪くなった。次に電車に乗ったときも、同じように具合が悪くなった場合に行う対処法です。

おうちに帰ってから、「電車の中で具合が悪くなったのは何でか?」ということを考えます。これは、ドキドキなどの症状が本当に電車のせいで出たのか?ということを考えるために行います。

最初に電車で具合が悪くなった日のことを思い出してください。他に体調が悪くなる原因はありませんでしたか?例えば、次のようなことがなかったですか?

・睡眠不足が続いていた

・仕事でミスがあったり、気になることがあった

・風邪を引いていた

・生理中だった

・遅刻しそうだったので猛ダッシュして駅に着いたからドキドキ&呼吸が早かった

など、電車以外の要因があったのなら、具合が悪くなったのは電車というより自分の体調のせいだということが分かりますね。

そういう理由が分かると、具合が悪いタイミングで電車に乗ったから動悸やめまいなどの症状があらわれたという認識ができます。

つまり反対に言い換えると、体調が良ければ電車に乗っていろいろな症状があらわれることはないということですね。このように考えられると、電車=具合が悪くなるというイメージがなくなるため、電車に乗って症状が出る可能性が低くなります

 

3.少しずつ達成していき自信を取り戻す

電車に乗れる自信を取り戻す

少しずつ自信を取り戻します

何回乗っても電車の中で具合が悪くなる場合や、もう電車が怖くなっちゃって通勤できない状態になっている場合は、この方法を試してください。

電車に対して恐怖感がしっかり引っ付いてしまっている場合は、自分は電車なんか怖くないんだ!という自信を取り戻す必要があります。

次の手順を「今日はできそう!」って思うときに行います。いっぺんにはやりませんよ。日を変えて①~⑤まで行いますので、最短でも5日はかかりますね。

 

① 駅まで行く

とりあえず駅まで行ってみます。通勤時間帯にね。人が多いときに行ってみます。でも駅に行ってみるだけで、駅の中には入りません。

もちこ
おぉ、たくさん人が仕事に行くねぇ。

ってな具合ですね。見るだけでその日は帰ります。

 

② 駅の中まで入る

次行けるって日には、駅の中まで入ってみます。これもラッシュ時の方が良いですね。人が多い雰囲気に慣れないといけないしね。でも電車には乗りません。

駅の中を見て回って帰ります。

 

③ プラットホームで電車を待つ

次は電車を待ってみます。これはラッシュ時じゃなくても良いと思いますよ、人多いときは流れで乗っちゃうかもしれないし。

待ってみるだけで、この日も電車には乗りませんよ。待つことに自信をつけます。

 

④ 一駅だけ乗ってみる

とうとう電車に乗ってみますよ。一駅だけ乗ってみます。通勤時間帯じゃないときに乗りましょう。人が多い電車はまだダメです。

一駅だけ乗ってみて、大丈夫だわと思えたら成功です。なんだー私電車乗れるじゃん!みたいになればバッチリです。

 

⑤ 電車で目的地まで行く

こないだは一駅乗れました、今日は目的地を決めて乗ってみます。

どうですか?普通に乗れたんじゃないですか?こうなると、電車=具合悪くなるというイメージがなくなってると思いますよ。電車に乗れることで、自分に対して自信が付いたはずです。

 

私もここまできてましたね。もう電車自体、乗り物全部が怖いんですよね。閉じ込められる感じがしちゃってね。こういうときは、もう私は一生電車なんか乗れないんだわって思っちゃってます。

いや、そんなことないんです。これまで一人で乗れたんだもん(笑)また乗れるようになるんだけどさ。このときは思い込みが激しくなってるんですよね。

 

動悸やめまいなどの症状が出る原因となる病気って何?

電車などに乗るとドキドキしたり、不安になったりするそもそもの原因は何なのでしょうか?何の病気が原因で出るんでしょうかね?

 

不安障害

電車に乗ることで息苦しいなどの症状が出ることを、不安障害と言います。

人によっては電車以外でも同じように症状が出ます。私は電車とバスでしたね。バスとか、飛行機、新幹線って電車と一緒か。そういう人と一緒に乗る乗り物ね。

エレベーターとかでもなる場合ありますね。あと、閉鎖的な場所で映画館とかね。ただ、人が多いところでなる場合もあります。

そのときによって出る場所は違っても、同じようにドキドキしたり、息苦しくなることで不安になります。そうすると、この場所で具合が悪くなる!と思い込んでしまうんですね。

不安障害の場合、症状が出て検査をしても、異常が認められないのでそのまま我慢するケースも多いです。

しかし何の対処もしないで放置すると、症状が悪化してしまいます。外に出ることすら怖いということにもなりかねません。気を付けましょう。

 

自律神経失調症

自律神経のバランスが乱れることで起こる自律神経失調症だと、電車に乗ることで具合が悪くなります。まあ、自律神経失調症だと、電車に乗ろうが乗るまいが具合悪いんですけどね。

自分が自律神経失調症と分かっていなければ、すべての症状の原因は電車だ!って思っちゃうね。

自律神経失調症では、電車に乗ると起こるであろうすべての症状が出ます。動悸、めまい、吐き気、呼吸が乱れる、汗が出るといった体の症状も、不安感や緊張、恐怖感などの精神的な症状も出ます。

自律神経失調症の症状はとてもたくさんありまして、人によって出る症状は様々ですね。

⇒ 自律神経失調症の症状の一覧はこちらです

 

パニック障害・うつ病

電車などで症状が出ることを不安障害と言いますが、この不安障害が進行することでパニック障害やうつ病になります

パニック障害の症状は次のようなものですね。発作的に起こりますが、数十分から一時間で治まります。

・突然激しい動悸が起こる

・過呼吸や、反対に呼吸が止まる

・ふるえ

・めまい

 

パニック障害だと電車なんかに乗ったら、ほとんど過呼吸が起こりますね。

もう発作ですよ、具合が悪いことをまわりの人に気付かれて恥ずかしいわ・・・なんて思ってるレベルじゃないですね(笑)下手したら救急車呼ばれちゃうもんね。

 

パニック障害といっしょにうつ病も出る場合があります。私はパニック障害とほぼ同時にうつ病にもなりました。

うつ病の症状はたくさんありますが、主に出るものを以下に書きますよ。

・不安感

・恐怖感

・自分は生きている価値がないと思う

・睡眠障害

・ものすごいだるい

 

ここまでくると、一人で外には出られなくなります。電車なんかじゃなくて、家から出ただけでドキドキしてめまいがしますよ。

パニック障害もうつ病も、脳内の神経伝達物質が不足することで起こります。そのため薬で治療することが必要です。こうなったら先ほどの対処法では難しいので、心療内科を受診してください。

⇒ 自律神経失調症からうつ病になることもあります

 

普段から気を付けることは?

では自律神経失調症やパニック障害、うつ病など、電車に乗ることで症状を出す原因となる病気にならないためには、どうしたら良いのでしょうか?

とりあえず、体調は万全にして電車に乗らないといけないもんね。たかが電車ですが、電車内で具合が悪くなるのって辛いしね。

 

自律神経を整える

自律神経失調症の人は、高確率で電車に乗ると具合が悪くなります。やっぱり自律神経のバランスは整えた方が良いですね。

多くの人が、ストレスによってバランスが悪くなっています。仕事のストレスや対人関係のストレスもそうですが、気温とか環境の変化もストレスになりますよ。

自律神経を整える方法はいろいろありますが、まずはストレスをためないことが基本です。

ストレスをためないためには、寝る前にリラックスするのが一番です。好きな音楽を聴くとか、好きな入浴剤を入れてゆっくりお風呂に浸かるとか、読書も良いですね。

ヨガでリラックス

リラックスにヨガとか瞑想も良いよね

寝る前にリラックスできると、自律神経が整った状態で寝ることができます。そうすると、その日のストレスによってダメージを受けた心と体が完全回復します。

⇒ 自律神経を整えるのにはアロマも良いよ!

 

正しい生活習慣

普段の生活習慣もきちんとしないといけませんよ。毎日体に負担をかけていると、少しずつ体調が悪くなっていきます。次のようなことに気を付けましょう。

早寝早起きする。できるだけ毎日同じ時間に寝て、起きる。

3食バランスの良い食事を摂る。カフェインや砂糖の摂り過ぎに注意!

適度な運動をする。毎日少しでも歩きましょう。(私も気を付けます。)

 

寝る、食べる、運動するは生活の基本ですね。って自分で言っといて私も運動不足ですけども。

仕事が忙しいと夜型になりますよね、そうなると次の日の朝は通勤電車で具合悪くなっちゃうからね。気を付けましょう。

 

原因は電車ではないと認識する

電車で具合が悪くなっても、原因は電車ではないですね。その前の体調が悪いのです。そこをしっかり頭に入れておきましょう。

そうすると、「電車に乗る=具合が悪くなる」という悪いイメージは付きませんので、電車が怖いとは思わないですよ。

思い込みも激しいと、余計な症状を増やすことになります。ポジティブに考えましょうね。

もちこB
 って私が一番ポジティブ思考にならないとね☆




スポンサーリンク



 

まとめ

● 電車に乗ることであらわれる症状には、動悸、息苦しい、めまい、不安感などがあります。

● 電車で症状が出たときには、他の動作に集中すると治まりますよ。

● 電車で症状が出る原因は、電車にあるのではなくて、その前からの自分の体調が悪いから。その認識を持つだけで症状が緩和されます。

● パニック障害などによって電車自体が怖くなったときには、少しずつ電車に慣れる必要があります。

● 電車に乗って症状が出ることを予防するには、普段から自律神経のバランスを整えておくことが大事。生活習慣にも気を配りましょう。




スポンサーリンク



 


    • まつ
    • 2017年 4月28日

    コメント失礼致します。もともと自律神経が弱くよく貧血を起こしていたのですが、会社を辞めて通勤しなくなってからなぜか電車が不安に感じるようになってしまいました。。(もともとかなり出かけていたほうでなぜ不安になったのかが謎なのです。
    最近あまり乗っていませんがもとに戻りたいと思っています、、

    • コメントありがとうございます。

      貧血、辛いですよね。私も夏場はかなり高い確率で電車の中で貧血起こします。

      そして、慣れもあると思います。毎日通勤で電車に乗らなくなると、大丈夫かな?乗れるかな?と不安になりますね。
      私も学生時代は片道2時間電車に乗っていたのに、通学しなくなってから電車やその他の乗り物がダメになりました。
      怖いんですよね、はぁはぁするし(笑)

      そこで、私の病気(パニック障害で乗り物が乗れない)を理解してくれている家族や親しい友達に付き添ってもらって、まずは一駅乗るところから始めました。
      少しずつ電車に慣れる感じです。

      次は目的地まで、一緒に行ってもらう。慣れたら、一駅は一人で乗る。
      というようにしました。もちろん怖くはありましたが、少しずつ慣れていくと、大分改善しました。

      今日はまだ体調が良さそうと思う昼間に少しずつ試してみてください。
      電車から離れれば離れるほど、想像で勝手に怖くなっていくような気がします。

      改善されますように☆

      • きょう
      • 2017年 11月21日

      自律神経の乱れにより、私も、10月下旬より、電車に乗ると調子が悪くなるときがあります。以前は、全くそのようなことはなく、出掛けることが大好きでした。その後、電車に乗れるようになりましたか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP
2008年1月
    8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログ運営者


運営者:もちこ
年 齢:30代
居住地:大阪の北摂の中でもパッとしないところ

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。これまでたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

こいつをなんとかすべく毎日なんやかんやと調べたり、試したりやってみています。どうぞお付き合いくださいませ。