自律神経のバランスを整えるツボは小指の爪にある?!

この記事は5分で読めます

自律神経を整えるツボは小指

小指の爪が異常に短い、もちこです。ついつい切りすぎちゃって、いつも深爪ですよ。あれ痛いよね。

そんなことより、自律神経を整えるのに効果的な方法として、ツボ押しがありますね。

でもツボのことってそんなに詳しくないし、なんとなく押してても、気持ちいいのはそのときだけであんまり効果がないような・・・と思っておりました。

が、自律神経、特に交感神経のはたらきすぎに有効なツボが、小指にあるらしいのですよ!今回は、自律神経を整えるツボについてお話します。

 

自律神経を整えるツボは小指にある

自律神経を整えるのに有効といわれるツボはいくつかあるようです。でも、自分でちょっとしたときに押せないとね。人に押してもらわないといけないようなツボだと、そんなに頻繁に押せないから効果も薄そうでしょ

というわけで、テレビ見ながらでも押せるツボが、手の小指にあるらしいです。

ここですよ。

自律神経を整える小指のツボ

少沢(しょうたく)というツボです。
左右の小指にあります。

 

手の小指の爪の付け根の外側ですね。左右の手にあります。

 

ツボ押しの方法

ここだけをピンポイントでつまようじのお尻のほう(尖ってないほうね、普段使わないほう)でグリグリ押すのも良いんでしょうけども、つまようじなんていつも持ち歩いてないし(笑)

なので、反対の手の親指と人差し指で小指のこのツボがある付け根あたりを、挟んで持ってグリグリていうか、ゴリゴリこする?揺らす?感じで揉んでマッサージします

わりと痛気持ちいいですよね。小指なんか押してもたいして面白くなさそうな感じあるのにね、ゴリゴリします。私はお風呂に浸かっているときとか、電車に乗っているときによくやってます。人前でやってもさほど目立たないと思う・・・たぶん。

 

リラックスできるときや、時間があるときに深呼吸と一緒にツボ押しすると効果が上がるらしいですよ。

⇒ リラックスにはキャンドルも良いですよ

 

ツボを押すタイミングは、そういう暇なときで良いんですけれど、やってはいけないときもあるので注意してください

・小指をケガしているとき(当たり前ですね、痛いもの。グリグリなんてやってられないもの。)

食後30分間(胃腸にエネルギーを与えるために血液が集まっています。そこでツボ押ししちゃうと小指に血液集まっちゃうしね。)

発熱など体調が悪いとき(発熱時や手術後とか本当に体調が悪いときはやめたほうが良いようです。)

妊娠初期の妊婦さん(安定期に入るまではツボ押しは良くないかもしれないので、やめておきましょう。)

 

小指のツボは何に効くの?

手や足など末端には、体中の神経が集まる部分なのですが、特に爪の生え際には副交感神経を優位にさせるツボが集まっています

この小指の爪の「少沢」のツボは、血行を良くして体の回復や疲労回復などの効果があるんですって。内臓や消化器官などにも効くので、副交感神経がはたらいたときに良く動く部分に効き目がありますね。

⇒ 副交感神経のはたらきについてはこちらをご覧下さいよ

 

また、頭痛やのどが痛いなどの風邪の初期症状や、目の疲れ、首筋や肩のコリにもこのツボが効くそうです。めっちゃ万能ツボですね!

仕事中にパソコンで目が疲れたときとかにも効きそうですね。小指だったらグリグリしててもそんな違和感ないし、サボってるように見えないよね?

 

自律神経を整えるツボは他にもある?

小指のツボの少沢についてお話ししましたが、その他にも手に自律神経を整える効果のあるツボってあるんでしょうかね?きっとあるでしょうね。というわけで、探してみました。

 

自律神経に効く手のツボ

自律神経が乱れるといろいろな症状があらわれますね。症状によって押すツボを変えてみると良いですよ。

⇒ 自律神経の乱れによってあらわれる症状はこちら

 

指の爪

先ほどは小指の爪にあるツボをグリグリすると良いと言いましたが、その他の指の爪部分も血行を促進して、副交感神経を優位にする作用があるので、自律神経を整えるのに良いですよ。

ただし、薬指だけは反対の交感神経が優位になるツボなので、リラックスタイムにはグリグリしないほうが良いです!

私は、親指、人差し指、中指、小指と順番にグリグリしてます。それぞれの指に対して1分ずつくらいですね。あんまり長くやるとなんか指が痛くなっちゃうからね。

 

心包区

また、手のひらの真ん中にある「心包区(しんほうく)」と呼ばれるツボも自律神経に効果があります。

自律神経のツボの心包区

自分でも押せますよ

 

交感神経がはたらきすぎたときにあらわれる症状を緩和するのに良いツボです。頭痛や不眠とかね。

反対の手の親指で息を吐きながら5秒くらいじわーっと押すと良いです。左右それぞれ5回ずつくらいで十分だそうです。短時間しか押さなくて良いので、ちょっとした合間にできますね。

調子が悪いときにここを押すと、びっくりするくらい痛いときありますよ。痛いと、疲れてんだわーと思いますね。あと私は胃が悪いときもこのツボが痛くなります。おなかの調子が悪いときもこのツボは良いですよ。

 

合谷

手の甲にある「合谷(ごうこく)」というツボも、ストレスなどで交感神経が優位になっているときに使えるツボです。

自律神経のツボの合谷

親指と人差し指の骨が交わるところ

 

ストレスで頭が痛いってときにピッタリのツボです。血行を良くする効果があるので、肩こりにも効きますね。

この合谷のツボの押し方は、交わっている骨を押す感覚ですね。骨がいたーい!って感じになったら正解です。押しても大して痛くないなぁっていう場合は押すポイント間違ってます。骨ですよ、痛いとこね。

 

内関

手というよりも腕になってますけどね、この「内関(ないかん)」というツボも、自律神経を整えるツボです。

自律神経のツボの内関

手首のシワから指三本分離れたところ

 

シワから指3本分離れたところで、2本のスジの間にあります。イライラするときや、胃がムカムカするときに効果があるツボですって。

イライラに効く・・・頻繁に押さないといけないわ!また、不眠などにも効くようで、精神的にリラックスしたいときにも良いですね。

強く押しすぎず、気持ちいいと思う程度の強さで押しましょう。

 

指間穴

手の甲にある「指間穴(しかんけつ)」というツボも、血行を良くして自律神経の乱れに効果があります。

自律神経のツボの指間穴

人差し指から小指の間にあります

 

手の甲側の指のまたですね。ここは反対の手の親指と人差し指で挟んでもみます。指の方向へ引っ張るのも良いらしいですよ。引っ張るためにぎゅっとつねるから、結構痛かった(笑)

両手とも同じようにマッサージすると、指先や手が温まるのが分かりますよ。温まるまでやったほうが良さそうです。

 

この指間穴のツボを刺激すると、血行が良くなります。血行が良くなることで内臓や脳が回復されるので、自律神経も整うということですね。

そして自律神経のバランスが整うと、イライラもしなくなります。これが私の一番の課題だわ。

 

曲池

最後に完全に腕だけど、「曲池(きょくち)」というツボをご紹介します。

自律神経のツボの曲池

腕のシワの端っこです

 

腕を曲げたときにできる、肘の内側のシワの端っこにあるのが曲池というツボです。これは、疲労回復や免疫力の向上、またストレスによるイライラにも効きます

3秒息を吐きながら押す、離して3秒たったらまた押すというのを繰り返して刺激しましょう。ちょっと痛いかなと思うくらい、ぐっと強めに押したほうが良い感じですね。

ゆるく押すと、押してんだか押してないんだか、あんまり刺激がないですね。

 

あ、こんなのあったわ。いいなぁ一冊ほしい。

 

まとめ

● 自律神経を整えるのに効果があるツボはいくつかある。

● 自分の症状や押すと気持ちいいと感じるツボを、リラックスタイムに押しましょう。

 


    • ぽめ
    • 2016年 10月7日

    ツボの話読みましたよ!
    個人的には、曲池が気になります。
    (マッスルポーズ)

      • もちこ
      • 2016年 10月7日

      ぽめ様

      読んでいただきありがとうございます!
      そうですよ、マッスルポーズを修正して描きました(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP
2005年1月
    8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログ運営者


運営者:もちこ
年 齢:30代
居住地:大阪の北摂の中でもパッとしないところ

頭痛やめまい、疲れるなどの症状はないですか?私自身、めちゃくちゃ症状あるんですよね。どこか痛くない日がない!と自信持って言えます。これまでたいして何の取り柄もなく、生きてきましたが、具合悪くない日がないのに生き続けています。

私の体調不良の原因は、自律神経のバランスが乱れてるのです。他にもいろいろと病名が付いたものも持ってますが、根本の原因はこいつでしょう。

こいつをなんとかすべく毎日なんやかんやと調べたり、試したりやってみています。どうぞお付き合いくださいませ。